神奈川 小田原で住宅火災 85歳の女性死亡

神奈川 小田原で住宅火災 85歳の女性死亡
14日午前、神奈川県小田原市で住宅2棟が全焼し、火元の家から高齢の夫婦2人が助け出されましたが、85歳の妻が搬送先の病院で死亡しました。
14日午前8時ごろ、小田原市東町の堤藤太さん(87)の住宅から煙が出ているのを近所の人が見つけ、消防に通報しました。

火はおよそ3時間後に消し止められましたが、堤さんの住宅と隣の住宅の合わせて2棟が全焼しました。

この火事で、堤さんと、妻の松子さん(85)が助け出されましたが、松子さんが搬送先の病院で死亡しました。堤さんはのどにやけどをする軽いけがだということです。警察が火事の原因を調べています。

火事があったのはJR小田原駅から東に1.5キロほど離れた住宅街の一角です。