NGT48トラブル 運営会社が劇場支配人を事実上の更迭か

NGT48トラブル 運営会社が劇場支配人を事実上の更迭か
k10011777241_201901141937_201901141945.mp4
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの自宅にファンが押しかけてトラブルとなった問題を受け運営会社の対応を批判する声が高まる中、運営会社のAKSは、グループの活動拠点「NGT48劇場」の今村悦朗支配人を異動させ運営体制を改めると発表しました。事実上の更迭とみられます。
これはAKSが14日「NGT48」のホームページ上で吉成夏子社長の名前で発表したものです。それによりますとグループの活動拠点「NGT48劇場」の今村悦朗支配人を異動させ運営体制を改めるとしています。

新しい支配人には「SKE48」など「NGT48」の姉妹グループのマネージメント業務に携わってきた早川麻依子氏が14日付けで就任しました。

また今回の問題で「メンバーの中に違法な行為をした者はいないと考えております」との見解を示したうえで、問題の真相究明に向けて弁護士や有識者でつくる第三者委員会を設けて調査を行うことも明らかにしました。

そして「今回の事件が起きたことを真摯(しんし)に受け止め、深く反省し、警察や警備会社と相談しながら警備体制をより一層強化し、メンバーの安全と安心を守っていくようにいたします」とコメントしています。

「NGT48」をめぐる一連の騒動では、ファンに自宅に押しかけられたと被害を訴えた山口さん自身が公演に出演して謝罪したことや、運営会社の責任者からの説明がなかったことからファンやグループの関係者の間から運営会社の対応を批判する声が相次ぎ、ネット上では今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求める署名活動もおきていました。

今村悦朗氏とは

今村悦朗氏は、SKE48劇場の支配人を経て平成27年にNGT48劇場の支配人に就任し、グループの運営にあたっていました。

平成28年の劇場のオープニングセレモニーに合わせ、東京のAKB48劇場から新潟のNGT48劇場までの354キロを徒歩と自転車で11日をかけて移動し、ファンとメンバーに迎えられてゴールするというパフォーマンスを披露したこともありました。

NGT48をめぐる一連の騒動では、ファンに自宅に押しかけられたと被害を訴えたメンバーの山口真帆さんが公演に出演して謝罪した一方で、今村氏をはじめ運営会社のAKSの責任者からは説明がなく、ファンやグループの関係者の間から、運営会社の対応を批判する声が相次ぎました。

ネット上では今村氏の支配人辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求める署名活動もおき、13日までに5万人を超える署名が集まっていました。

早川新支配人のコメント

14日、NGT48劇場の新しい支配人に就任した早川麻依子氏は、ホームページ上で、「メンバーに寄り添い、夢をもってNGT48に入ってきたメンバー全員が、自分たちの夢に少しでも近づけるようなグループを目指していきたいと思います。まだ私はすべての事情を把握している訳ではありませんので、まずは早急にメンバー一人一人としっかり話をし事態の収拾に努めて参ります」などとコメントしています。

「NGT48劇場」周辺の街の声

運営会社の対応について、グループが拠点とする新潟市のNGT48劇場の周辺で話を聞きました。

20代の女性は、「支配人が辞めたほうがグループのためになるなら辞めたほうがいいのではないか」と話していました。

16歳の男性は、「山口さんも心に傷をおったと思う。問題については徹底的に調べてもらいたい。支配人の更迭は遅かったのではないか」と話していました。

また、別の20代の女性は「ちゃんとした対応をしていればこんなことにはならなかったのかなと思う。山口さん本人があやまるような話ではないのにまわりがきちんとした対応をしなかったのかな」と話していました。