日ロ 外相初交渉前に双方の駆け引き活発に

日ロ 外相初交渉前に双方の駆け引き活発に
日ロの両外相が交渉責任者として初めて臨む平和条約交渉を前に、双方の駆け引きが活発になっています。
ロシア外務省の報道官が、14日の会談終了後に共同で記者会見を開くことを日本側が拒否したと述べたのに対し、外務省幹部は、「日本側が拒否したことはない」と否定しました。

北方領土問題を含む平和条約交渉をめぐって、日本時間の14日午後、モスクワで、河野外務大臣とロシアのラブロフ外相が会談し、両外相が交渉責任者となって、初めての交渉が行われます。

これを前に、ロシア外務省のザハロワ報道官は国営テレビのインタビューの中で、「驚くべきことに、外相会談の直前になって、日本側は会談結果に関する共同記者会見を行わないよう求めてきた」と述べ、14日行われる日ロ外相会談の終了後に共同で記者会見を開くことを、日本側が拒否したと非難しました。

これに対し、外務省幹部は記者団に対し、「それはおかしい。今回は通常の外相会談ではなく交渉であり、交渉の途中で共同記者発表というのは聞いたことがない。日本側が拒否したことはない」と述べ、否定しました。

日ロの両外相が交渉責任者として初めて臨む平和条約交渉を前に、双方の駆け引きが活発になっています。