接骨院火災で1人の遺体 群馬 富岡

接骨院火災で1人の遺体 群馬 富岡
14日未明、群馬県富岡市で住宅を兼ねた3階建ての接骨院の建物から火が出た火事で1人が遺体で見つかりました。警察は、この家に住む女性とみて確認を進めています。
14日午前3時すぎ、富岡市富岡の「新井接骨院」から火が出ていると、近くに住む人から消防に通報がありました。

消防車が出て消火活動を行った結果、火は2時間半ほどで消し止められましたが、住宅を兼ねた鉄筋コンクリート3階建ての接骨院の建物と隣接する木造住宅がいずれも全焼し、接骨院の2階部分から1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと火元の接骨院の建物には夫婦が住み、火事のあと妻と連絡が取れなくなっているということです。

警察は亡くなったのはこの女性とみて確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。

現場は、上信電鉄の上州富岡駅から南西に200メートル余り離れた住宅が建ち並ぶ地域の一角です。