日ロ外相 平和条約できょう初交渉 領土問題の前進図れるか

日ロ外相 平和条約できょう初交渉 領土問題の前進図れるか
北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉で、河野外務大臣とラブロフ外相が、14日、交渉責任者として初めての交渉を行います。平和条約の締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すとした日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速するとした首脳間の合意を踏まえ、領土問題の解決に向けて具体的な前進が図れるかが焦点となります。
北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉をめぐり安倍総理大臣とプーチン大統領は平和条約の締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速することで合意し、先月、交渉責任者に河野外務大臣とラブロフ外相を当てることを確認しました。

これを受けて、河野大臣とラブロフ外相による初めての交渉が14日、モスクワで行われ、昼食も交えながら数時間にわたって意見を交わす見通しです。

日本側は、1週間後の今月21日に予定されている安倍総理大臣とプーチン大統領との首脳会談で平和条約の条文作成作業の開始を確認したい考えです。

ただ、ロシア側からは、大統領特別代表のモルグロフ外務次官が、平和条約交渉に関する安倍総理大臣の発言を「解決のシナリオを一方的に押しつけている」と批判するなど、けん制する発言が相次いでいて、領土問題の解決に向けた具体的な前進が図れるかが焦点となります。