地面師事件 逃亡し逮捕の主犯格の男 7億円受け取ったか

地面師事件 逃亡し逮捕の主犯格の男 7億円受け取ったか
都心の一等地の売買をめぐって63億円をだまし取ったとして地面師グループが逮捕された事件で、フィリピンに逃亡していた主犯格の男は、だまし取った金のうち7億円を受け取った疑いがあることが捜査関係者などへの取材でわかりました。警視庁は、金の流れについて捜査を進めています。
おととし、東京 品川区の一等地の売買をめぐって積水ハウスが63億円をだまし取られた事件では、地面師グループの主犯格の1人で、カミンスカスと姓を変えた小山操容疑者(59)が11日、逃亡先のフィリピンから移送され、偽造した書類で不正に登記しようとした疑いで警視庁に逮捕されました。

これまでの調べで、同じく主犯格の1人で、すでに逮捕されている東京 中央区の会社役員、土井淑雄容疑者(63)が、だまし取った金の分配を取りしきったとみられていますが、その後の捜査で、小山容疑者は、このうち7億円を受け取った疑いがあることが捜査関係者などへの取材でわかりました。

小山容疑者は、これらの金を使ってマンションを購入したり、都内の飲食店で豪遊したりしていた疑いがあるということです。

フィリピンでの2か月余りにわたる逃亡の資金についてもこの金が充てられたとみられ、警視庁は金の流れについて捜査を進めています。