東京の都心で初雪を観測

東京の都心で初雪を観測
k10011775891_201901121143_201901121144.mp4
低気圧の影響で関東甲信は雨や雪が降っていて、気象庁は、12日午前、東京の都心で初雪を観測したと発表しました。13日にかけて関東甲信の山沿いで積雪となるおそれがあり、東京23区などでは積もらない見込みですが、最新の情報に注意してください。
気象庁によりますと、伊豆諸島付近にある低気圧の影響で関東南部を中心に雨や雪が降っているところがあります。

気象庁は「きょう午前10時40分ごろ東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。

東京の都心の初雪は、平年より9日遅く、昨シーズンより12日遅くなっています。

関東南部や山梨県を中心に13日明け方にかけて雪や雨が降り、山沿いを中心に積雪となるおそれがあります。

13日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、神奈川県西部の山沿いで8センチ、東京の多摩地方や埼玉県の秩父地方で3センチ、関東の平野部で1センチなどと予想されています。

東京23区では雪が積もることはない見込みですが、雲のかかり方や気温の下がり方によっては積雪となるおそれもあるということです。

気象庁は、最新の気象情報を確認し、積雪が予想される地域では路面の凍結や交通への影響に注意するよう呼びかけています。