13人がはしかに感染 研修会参加の10代~20代 津

三重県津市で、先月下旬に開かれた民間の研修会に参加した10代から20代の少なくとも13人が、相次いではしかに感染したことが分かりました。
はしかに感染したのは、三重県や岐阜県に住む10代から20代の男女少なくとも13人で、いずれも民間の団体が先月23日から30日まで津市内の施設で開いていた研修会に参加していました。

今月7日、この研修会に参加していた人が、はしかに感染したという情報提供を受けて、参加者の健康状態を調査していたところ、少なくとも13人がはしかに感染していたことが分かりました。
いずれも命に別状はないということです。

この研修会には、三重県や岐阜県などから、10代から30代まで合わせて49人が参加していました。

三重県などでは今後、感染が広がらないように、高熱や発疹など、はしかが疑われるような症状が出た場合には、あらかじめ医療機関に連絡したうえで、公共交通機関を使わずに受診するよう呼びかけています。