「HAPPY BIRTHDAY」鳥取砂丘に条例禁止の巨大な落書き

「HAPPY BIRTHDAY」鳥取砂丘に条例禁止の巨大な落書き
今月、乗り入れ禁止の決まりに反して車のタイヤの跡が見つかった鳥取砂丘で、今度は砂の上に条例で禁止されている規模の落書きが見つかり、鳥取県は対策を強化することにしています。
砂の上の落書きが見つかったのは鳥取砂丘の名所「馬の背」の東側の斜面で、鳥取県によりますと、10日午後、県の担当者がパトロールをしていたところ、アルファベットで「HAPPY BIRTHDAY」と書かれているのを見つけ、近くにいた外国人の男女2人が書いたことを認めたということです。

文字は縦が5メートル横が25メートルあり、県の条例では10平方メートルを超える規模の落書きは禁止されているため、その場で元の状態に戻しました。

鳥取砂丘では今月4日、法律で乗り入れが禁止されているのに車のタイヤの跡が見つかったことから、県は砂丘の入り口に進入を防ぐ柵の増設を決めましたが、今後は落書きなどの禁止事項を分かりやすくイラストでも描いた看板を増やしたいとしています。