ゴーン前会長 保釈請求へ 特別背任罪などで追起訴なら

ゴーン前会長 保釈請求へ 特別背任罪などで追起訴なら
k10011774671_201901111212_201901111218.mp4
日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について、東京地検特捜部は11日午後にも、実業家の会社に日産の資金を不正に支出させた特別背任などの罪で追起訴するものとみられます。ゴーン前会長は全面的に容疑を否認し、弁護士は起訴されれば裁判所に保釈を請求する方針です。
カルロス・ゴーン容疑者(64)は、私的な損失の信用保証に協力したサウジアラビア人の実業家の会社に日産の資金を不正に支出させたなどとして、特別背任の疑いが持たれています。

関係者によりますと、東京地検特捜部の調べに対し子会社の当時の幹部は「実業家の会社に日産との取り引き実態はなく、不要な支出だった」などと供述しているということです。

また証券取引等監視委員会は10日、昨年度までの直近3年間の報酬を有価証券報告書に42億円余り少なく記載した疑いで、ゴーン前会長と前代表取締役のグレッグ・ケリー被告(62)、それに法人としての日産を特捜部に告発しました。

特捜部は11日午後にもゴーン前会長を特別背任と金融商品取引法違反の罪で追起訴するものとみられます。

弁護士によりますと、ゴーン前会長は9日夜から高熱を出し、取り調べや接見ができない状態が続いていましたが、11日までに熱は下がったということです。

ゴーン前会長はいずれの容疑についても全面的に否認し、弁護士は起訴されれば裁判所に保釈を請求する方針です。