「地面師」事件 フィリピンで拘束の主犯格 移送し逮捕へ

「地面師」事件 フィリピンで拘束の主犯格 移送し逮捕へ
都心の1等地の売買をめぐって63億円をだまし取ったとして「地面師」グループが逮捕された事件で、警視庁は、逃亡先のフィリピンで身柄を拘束された主犯格の男を11日にも日本に移送し、逮捕する方針です。これで主犯格がすべて逮捕されることになり、警視庁は事件の全容解明を進めることにしています。
おととし、東京・品川区にある2000平方メートルの土地の売買をめぐって、積水ハウスが63億円をだまし取られた事件では、地面師グループの16人が逮捕されています。

主犯格の1人で自称、コンサルタントのカミンスカスと姓を変えた小山操容疑者(59)は、地面師グループが一斉に逮捕される直前の去年10月にフィリピンに逃亡しましたが、先月、首都マニラで現地の入国管理局に身柄を拘束されました。

その後、フィリピン国内でほかの犯罪行為がないか調べる現地の入国管理局などの調査が終わり、警視庁は11日にも日本に移送し、偽造した書類で不正に土地を登記しようとした疑いで逮捕する方針です。

警視庁は、2か月余りに及んだ逃亡の実態を調べるとともに、これで主犯格がすべて逮捕されることになり、事件の全容解明を進めることにしています。