今季いちばんの冷え込み 日本海側で雪 日中も気温ひと桁か

今季いちばんの冷え込み 日本海側で雪 日中も気温ひと桁か
k10011740561_201812090604_201812090605.mp4
上空の強い寒気の影響で9日朝は各地で今シーズンいちばんの冷え込みとなり、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降っています。日中も気温はあまり上がらない見込みで、気象庁は体調の管理などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、強い冬型の気圧配置が続き、上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で各地で気温が低くなっています。

9日午前6時までの最低気温は、
▽北海道の標茶町と陸別町で氷点下23度、
▽青森市で氷点下4度1分、
▽水戸市で0度8分、
▽名古屋市で3度1分、
▽大阪市で3度8分、
などと各地で今シーズンいちばんの冷え込みとなりました。

北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降り、この24時間に降った雪の量は山形県では70センチを超えているところがあります。

平地でも雪が降り、京都市と福井市では9日、初雪を観測しました。

このあとも冬型の気圧配置は続くため、日中も気温はあまり上がらない見込みで、各地の日中の最高気温は、
▽札幌市で氷点下4度の真冬日と見込まれ、
▽仙台市で4度、
▽広島市、福岡市、高松市で8度、
▽東京の都心、名古屋市、大阪市で10度、
などと予想されています。

気象庁は、体調の管理に注意するとともに、雪が降っている地域では積雪や路面の凍結による交通への影響、電線や樹木への着雪などに注意するよう呼びかけています。