住宅全焼 50代と20代の女性 連絡取れず 石川 白山

住宅全焼 50代と20代の女性 連絡取れず 石川 白山
k10011740161_201812081914_201812081914.mp4
8日午後、石川県白山市で住宅1棟が全焼し、この家に住む家族6人のうち50代と20代の女性2人と連絡が取れていないということで、警察と消防が確認を進めています。
8日午後3時20分ごろ、白山市長島町の住宅でストーブから火が出ている、とこの家の住民から消防に通報がありました。

消防が出て火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟およそ200平方メートルが全焼しました。

警察によりますと、この家には20代から80代の家族6人が住んでいて、50代の女性と娘の20代の女性の2人と現在も連絡が取れず、確認を進めているということです。

また80代の男性が煙を吸って病院に運ばれ手当てを受けています。

現場はJR北陸線の加賀笠間駅から南東におよそ3キロの集落です。