冷え込み強まり各地で初雪観測 あすも冷え込む

冷え込み強まり各地で初雪観測 あすも冷え込む
k10011740061_201812081846_201812081846.mp4
上空の強い寒気の影響で冷え込みが強まり、東日本と西日本の各地で初雪を観測しました。9日も気温はあまり上がらない見込みで、気象庁は体調管理などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、8日は広い範囲で気温が上がらず、日中の最高気温は札幌市で氷点下5度1分、仙台市で5度6分、広島市で6度8分、福岡市で7度7分、名古屋市で10度7分、大阪市で11度5分、東京の都心で12度2分などと各地で平年を1度から8度ほど下回りました。

この寒さと冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降り、この24時間に降った雪の量は多いところで30センチから50センチ程度となっています。

また、8日は仙台市、新潟市、金沢市、長野市、広島市、山口県の下関市で初雪が観測されました。9日も寒気の影響で気温はあまり上がらない見込みで、9日朝の最低気温は、札幌市で氷点下8度、仙台市で氷点下1度、広島市や長崎市で3度、大阪市で5度、東京の都心で6度などと8日と比べて1度から2度ほど低くなる見込みです。

気象庁は体調の管理に注意するとともに、雪が降っている地域では積雪や路面の凍結による交通への影響にも注意するよう呼びかけています。