独 与党の党首選でメルケル首相の側近が勝利 党勢回復が課題

独 与党の党首選でメルケル首相の側近が勝利 党勢回復が課題
k10011739801_201812081216_201812081217.mp4
ドイツの与党「キリスト教民主同盟」の党首選挙で、メルケル首相の信頼が厚いクランプカレンバウアー幹事長が新しい党首に選ばれました。メルケル首相の側近が勝利し大きな政策変更がないと見られる中、今後、党勢を回復できるかが課題となります。
ドイツの中道右派の与党「キリスト教民主同盟」は7日、北部ハンブルクで党首選挙を行い、メルケル首相の路線を継承するクランプカレンバウアー氏(56)が決選投票の末、得票率52%の僅差で新しい党首に選ばれました。

クランプカレンバウアー氏は2011年から西部ザールラント州の首相を務め、その手腕が高く評価されて、ことし2月、党の幹事長に抜てきされたメルケル首相の側近です。

メルケル首相は首相の職については任期が終わる2021年まで続ける意向で、党大会の演説で「首相として最後に、国の利益を守りながら党の新たな成功につながるような働きをしたい」と決意を述べました。

しかし、党首選挙の結果が僅差だったことでメルケル首相の路線の修正を求める声が強いことも浮き彫りとなりました。

ドイツでは難民問題をきっかけに「反メルケル」を掲げる右派が台頭しています。今回、メルケル首相の側近が勝利し大きな政策変更がないと見られる中、来年に予定されているヨーロッパ議会選挙や地方選挙に向けて党勢を回復できるかが課題となります。

党員に賛否の声

クランプカレンバウアー氏が党首に選ばれたことについて、投票に参加した党員は「彼女は、党を1つにまとめることができると思う。一般市民の気持ちも理解できる人物だ」と述べ、歓迎していました。

また、別の党員は「クランプカレンバウアー氏はこれまで党の幹事長としてメルケル首相とうまくやってきたので、今後もうまくいくと思う。メルケル首相は安定の象徴なので、首相にとどまってほしい」などと、安定した政権運営に期待していました。

一方、敗れた保守派の候補に投票したという男性党員は「選挙の結果は未来志向ではない。メルケル首相が“ボス”でいる状況に変わりはない」として、今後、党の路線に大きな変化が見込めないことに不満を表していました。