トランプ大統領と前国務長官 異例の非難の応酬

トランプ大統領と前国務長官 異例の非難の応酬
k10011739721_201812081313_201812081314.mp4
アメリカのトランプ大統領に解任されたティラーソン前国務長官が在任中を振り返り、大統領の指示に法律に違反する内容が多かったなどと暴露し、これにトランプ大統領も反論して異例の非難の応酬となっています。
アメリカのティラーソン前国務長官はことし3月、就任から1年余りで解任され、公の場にほとんど姿を見せていませんでしたが、6日、南部テキサス州の催しで地元メディアのインタビューに応じました。

この中でティラーソン氏は在任中を振り返り、トランプ大統領について「ほとんど規律がなく、本や報告書も読まず、多くの物事の詳細まで気にしない人のもとで働くのは大変だった」と述べました。

また、「トランプ大統領はよく、これがやりたい、こうやりたいと言ったが、私は『大統領、やりたいことは分かりますができません。あなたがやりたいことは法律に違反します』と答えなければならなかった」などと暴露したということです。

これに対してトランプ大統領は7日、ツイッターに投稿し、「ポンペイオ国務長官はいい仕事をして誇りに思うが、前任のティラーソンは能力がなく、とても愚かだったので解任した。とんでもない怠け者だった」と非難しました。アメリカのメディアは2人の確執が改めて明らかになったとして異例の非難の応酬と大きく伝えています。