ファーウェイ幹部 審問始まる 米政府“詐欺の疑いある”

ファーウェイ幹部 審問始まる 米政府“詐欺の疑いある”
アメリカの要請によってカナダで逮捕された中国の通信機器大手、ファーウェイの幹部の勾留を続けるかどうかの審問がカナダの裁判所で始まり、アメリカ政府の代理人は制裁下のイランとの取り引きをめぐる詐欺の疑いにあたると主張しました。アメリカと中国の対立の新たな火種となりかねない事件の行方に世界的な注目が集まっています。
ファーウェイのCFO=最高財務責任者の孟晩舟氏は今月1日、アメリカの要請を受けたカナダ当局によって逮捕されました。カナダ西部バンクーバーにある裁判所で7日、孟氏の勾留を続けるかどうかの審問が本人が出廷して日本時間の8日午前3時半に始まりました。

この中でアメリカ政府の代理人は孟氏の容疑について、アメリカの複数の金融機関をだましてファーウェイの子会社によるイランとの違法な取り引きに関与させたとして詐欺の疑いがあると主張しました。

さらに、16歳の息子が留学しているアメリカのボストンを孟氏が頻繁に訪れていたにもかかわらずアメリカ側の捜査に気づいた去年の4月以降、アメリカへの入国を避けてきたと指摘し、出国のおそれがあるとして勾留を続けるよう求めました。

裁判所には審問を傍聴しようと各国の記者が200人ほど取材に訪れていて、貿易摩擦などで深まるアメリカと中国の対立の新たな火種となりかねない事件の行方に世界的な注目が集まっています。

ホワイトハウス「米中協議に影響ない」

スマートフォン製造大手の中国メーカー、ファーウェイの幹部が逮捕されたことによって、米中の対立が深まり、貿易協議への悪影響も指摘されています。

これについて、ホワイトハウスのクドロー国家経済会議委員長は、7日、アメリカのCNBCテレビのインタビューで、「率直に言って、今のところ影響はないと思う」と述べ、中国との合意に向けて楽観的な見通しを示しました。

また、トランプ大統領も7日、ツイッターに、「中国との協議はとてもうまくいっている」と投稿し、中国との貿易摩擦による景気の先行きへの不安を取り除き、株価の下落を防ぎたいとの狙いもあるものとみられます。