リンクがクマのぬいぐるみだらけに… クリスマスだから

リンクがクマのぬいぐるみだらけに… クリスマスだから
k10011739171_201812072150_201812072152.mp4
アメリカ東部・ペンシルベニア州では子どもたちへのクリスマスプレゼントとして、クマのぬいぐるみをアイスホッケーのリンクに投げ入れるチャリティーイベントが行われ、大量のぬいぐるみでリンクが埋め尽くされる様子が話題を集めています。
これはNHL=北米プロアイスホッケーリーグが毎年、クリスマスを前に行っている「テディーベア・トス」と呼ばれるチャリティーイベントで、ぬいぐるみは入院中の子どもたちなどに贈られます。

アメリカ東部のペンシルベニア州で今月2日に行われた地元アイスホッケーチーム、「ハーシー・ベアーズ」の試合では、開始からおよそ10分後、地元チームの選手がゴールを決めると、観客席から一斉にぬいぐるみがリンクに投げ入れられました。

リンクはみるみるうちにぬいぐるみで埋め尽くされ、地元チームによりますと、投げ入れられたぬいぐるみの数は過去最高の3万4798個になったということです。

これらのぬいぐるみは慈善団体に届けられ、一部は、アイスホッケーチームの選手から直接子どもたちにプレゼントされたということです。