山下法相の問責決議案 野党が共同提出 外国人材法案 参議院

山下法相の問責決議案 野党が共同提出 外国人材法案 参議院
外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、野党側が提出した、山下法務大臣に対する問責決議案は、このあと開かれる予定の参議院本会議で否決され、法案は成立する見通しです。ただ、本会議が再開される時間は決まっておらず、成立は7日夜遅くか、8日の未明にずれ込む可能性も出てきています。
国会では、このあと参議院本会議が再開される予定です。
本会議が再開されれば、外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、野党側が提出した山下法務大臣に対する問責決議案の審議が行われます。

野党側は、法案の成立を急げば将来に禍根を残すなどとして審議を続けるべきだと主張するとともに、山下大臣の辞任を求める方針です。

これに対し、与党側は審議は尽くされたとして、各地の人手不足に対応するために、速やかに法案を成立させる必要があると反論することにしています。

与党側は、問責決議案を否決したうえで、委員会と本会議で法案を可決する方針で、法案は成立する見通しです。

ただ、本会議の再開時間は決まっておらず、本会議で自民党議員が野党議員にとった言動をめぐって与野党の協議が現在も続いています。

このため、法案の成立は7日夜遅くか、8日未明にずれ込む可能性も出てきています。