法務委員長の解任決議案を否決 外国人材法案 攻防最後のヤマ場

法務委員長の解任決議案を否決 外国人材法案 攻防最後のヤマ場
外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、野党側が提出した参議院法務委員長の解任決議案は否決されました。与党側はこのあと法案を可決し7日中に成立させる方針なのに対し、野党側は山下法務大臣に対する問責決議案の提出を検討し、会期末を前に与野党の攻防が最後のヤマ場を迎えています。
国会では参議院本会議が午前10時すぎから開かれています。

本会議では、外国人材の受け入れを拡大するための法案の採決を阻止するため野党側が6日に提出した、参議院法務委員会の横山委員長の解任決議案の審議が行われました。

趣旨説明で立憲民主党の有田芳生氏は「委員長が行ってきたことは職権の連続だ。問題山積の技能実習制度を見直さないまま新たな制度を急いで作る必要はない」と訴えました。
これに対し自民党の福岡資麿氏は「議論が尽くされたという判断のもと採決を行うのは委員長の職権として当然だ。人手不足が深刻化する中、早急に法案を成立させるべきだ」と反論しました。

そして採決の結果、解任決議案は自民・公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決されました。

与党側はこのあと法務委員会を開き、法案の採決を行ったうえで本会議でも可決し、7日中に成立させる方針です。

一方、野党側は成立を阻止しようと山下法務大臣に対する問責決議案の提出を検討していて、来週10日の会期末を前に与野党の攻防が最後のヤマ場を迎えています。