東京五輪・パラ記念貨幣 第2弾 1000円は純銀 9500円で販売

東京五輪・パラ記念貨幣 第2弾 1000円は純銀 9500円で販売
政府は、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣の第2弾として来年7月に発行する予定の10種類の貨幣のデザインを発表しました。
政府は、東京オリンピック・パラリンピックの大会直前までに4回に分けて37種類の記念貨幣を発行することにしていて、第2弾として来年7月に発行する予定の10種類の貨幣のデザインを発表しました。

額面が1000円の銀貨は純銀を使って特殊な技術で作られ、陸上競技、バドミントン、野球・ソフトボール、水泳の4種類が描かれています。

額面が100円の貨幣は白銅と銅を重ね合わせた「クラッド貨幣」と呼ばれるもので、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、ウエイトリフティング、ゴールボールの6種類が描かれています。

すべての貨幣の裏面には東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムがあしらわれています。

販売価格は1000円の銀貨が9500円で、来年1月31日から造幣局の通信販売で申し込みの受け付けが始まります。

100円の貨幣は、来年7月ごろから金融機関の窓口で額面価格の100円で引き換えを行う予定だということです。