住宅など3棟全焼 焼け跡から2人の遺体 親子か 茨城 土浦

住宅など3棟全焼 焼け跡から2人の遺体 親子か 茨城 土浦
k10011738101_201812071340_201812071344.mp4
7日未明、茨城県土浦市で住宅など3棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は、全焼した住宅に住む67歳の男性とその息子ではないかとみて身元の確認を急ぐとともに火事の詳しい原因を調べています。
7日午前3時ごろ、土浦市中村南の住宅から火が出ていると消防に通報がありました。火はおよそ4時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅と空き家など3棟、合わせておよそ260平方メートルが全焼し、住宅の焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、住宅には佐藤幸雄さん(67)と佐藤さんの40代の息子の2人が住んでいて、火事のあと連絡が取れなくなっているということです。警察は死亡したのは佐藤さん親子とみて、身元の確認を急ぐとともに、火事の詳しい原因を調べています。

現場は、JR常磐線の荒川沖駅から北に1キロほど離れた住宅が密集する地域です。