電車にはねられ男性2人死亡 遮断機くぐって踏切の中に 川崎

電車にはねられ男性2人死亡 遮断機くぐって踏切の中に 川崎
6日夜、川崎市のJR稲田堤駅の踏切で、東京都内の30代の男性2人が電車にはねられ、死亡しました。2人は会社の同僚で、一緒に飲食をしたあとに遮断機をくぐって踏切の中に入ったとみられるということで、警察が詳しい状況を調べています。
6日午後9時半ごろ、川崎市多摩区にあるJR南武線の稲田堤駅にいた人から、「駅に隣接する踏切に入った人が電車にはねられた」と警察に通報がありました。

電車にはねられた男性2人は、すぐに病院に搬送されましたが、全身を強く打っていてその後、死亡が確認されました。

警察によりますと、亡くなったのは、東京 調布市の37歳の男性と東京 多摩市の34歳の男性です。

2人は東京都内にある会社の同僚で、6日は勤務が休みで、夕方から一緒に飲食をする約束をしていたということです。

2人が遮断機をくぐって踏切の中に入っていくのを近くの人が見つけ、注意をしましたが、駅に到着する電車にはねられたということで、警察は詳しい状況を調べています。