米軍機墜落 1人の死亡確認 5人の捜索続く

米軍機墜落 1人の死亡確認 5人の捜索続く
6日、高知県沖でアメリカ軍岩国基地の戦闘攻撃機と空中給油機が接触し海上に墜落した事故で、現場海域で救助された2人のうち、1人の死亡が確認されました。自衛隊は行方がわかっていない残りの5人の捜索を夜を徹して続けましたが、これまでのところ見つかっていません。
6日未明、山口県岩国市にあるアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が高知県の室戸岬の南、およそ100キロの上空で接触し海上に墜落しました。

2機には合わせて7人が乗っていて、これまでに2人が救助されましたが、このうちの1人について、アメリカ軍は6日夜遅く、死亡したことを明らかにしました。

アメリカ軍によりますと、もう1人の容体は安定しているということです。

一方、行方がわかっていない残りの5人について、自衛隊は艦艇を出して夜を徹して捜索を続けましたが、これまでのところ見つかっていないということです。

現場の海域では2機のものとみられるタイヤなどの機体の一部のほか、ヘルメットのようなものも見つかっているということで、自衛隊は範囲を広げて捜索を続けることにしています。

2機は当時、訓練中でしたが、空中給油の最中だったかどうかなど詳しい状況はわかっておらず、防衛省はアメリカ軍に問い合わせて確認を進めています。