外国人材拡大法案 与党側きょう成立方針 攻防最後のヤマ場

外国人材拡大法案 与党側きょう成立方針 攻防最後のヤマ場
外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、野党側が提出した参議院法務委員長の解任決議案は、7日、否決される見通しです。与党側は、その後法案を可決し、7日中に成立させる方針なのに対し、野党側は、山下法務大臣に対する問責決議案などの提出も検討していて、会期末を前に与野党の攻防は最後のヤマ場を迎えます。
外国人材の受け入れを拡大するための法案は、6日、参議院法務委員会で審議が行われ、安倍総理大臣は、来年4月の施行前に、新たな受け入れ制度の全体像を国会に報告する考えを示し、成立に理解を求めました。

このあとの理事会で、与党側は「審議は尽くされた」として、採決を提案したのに対し、野党側は「時期尚早だ」と反対し、法務委員会の公明党の横山委員長の解任決議案を提出したため、6日の採決は見送られました。

解任決議案は、午前の参議院本会議で与党側の反対多数で否決される見通しで、与党側は、その後、法務委員会と本会議で法案を可決し、7日中に成立させる方針です。

これに対し、野党側は、法案の成立を阻止しようと、山下法務大臣に対する問責決議案などの提出も検討していて、来週10日の会期末を前に、与野党の攻防は最後のヤマ場を迎えます。

一方で、安倍内閣に対する不信任決議案の提出には、野党内に慎重論もあるほか、国民民主党は、外国人材を確保するための具体的な措置を政府に求める付帯決議を行う方向で、与党側と調整しています。