年末年始の旅行者 3000万人余 過去最高の見通し

年末年始の旅行者 3000万人余 過去最高の見通し
この年末年始に旅行に出かける人の数は曜日の並びがよいことや、ボーナスの増加が見込まれることなどから、3060万人余りと過去最高になるという見通しがまとまりました。
旅行会社最大手の「JTB」は航空会社の予約状況などをもとに、今月23日から来月3日までの間に旅行に出かける人数の見通しをまとめました。

それによりますと、この期間に国内や海外に旅行に出かける人は3062万人余りと過去最高となる見通しです。

このうち、海外旅行に出かける人は1年前より4.3%多い73万人余りと、初めて70万人を超えた去年を上回る見通しです。国内旅行に出かける人は1.1%多い2989万人を見込んでいます。

理由としては来月4日が休みになれば9連休となり、長い休みを取りやすい曜日の並びになっていることや、好調な企業業績によりこの冬のボーナスの額が増加する見込であることなどが背景にあるということです。

海外旅行の行き先は長い連休を利用したヨーロッパなどの遠距離の旅行のほか、韓国や香港などアジアが人気だということです。