ノーベル医学・生理学賞 本庶さんが現地で初の記者会見

ノーベル医学・生理学賞 本庶さんが現地で初の記者会見
k10011737781_201812062322_201812062327.mp4
ノーベル賞の授賞式を前に医学・生理学賞の受賞者に選ばれた京都大学特別教授の本庶佑さんは、スウェーデンのストックホルムでノーベル財団が主催する記者会見に初めて臨み「すばらしい式典への出席を非常に楽しみにしている」と心境を語りました。
スウェーデンのストックホルムでは、ノーベル賞の受賞者を祝福するさまざまな行事が行われる「ノーベルウィーク」と呼ばれる期間が始まりました。

本庶さんは、医学・生理学賞を共同で受賞するアメリカのジェームズ・アリソン博士とともに、日本時間の6日午後10時から、ノーベル財団が主催する記者会見に初めて臨みました。

本庶さんは、授賞式について尋ねられると「経験したことがないのでわかりません」と笑いを誘ったうえで、「過去の授賞式の映像などを見てすばらしい式典だと感じ、出席することを非常に楽しみにしている」と話しました。

また、これまで困難だったことは何かという質問に対しては「幸運にも共同研究者や研究資金に恵まれていたので、途中で研究をあきめようと考えたことはない」と話し、笑顔を見せました。

さらに、がんを克服したりがんと共存したりすることが今後は可能になるのかという質問に対して「治療でがんを治すことができない患者であっても、免疫療法でがんが大きくならないよう抑えることで、がんと共存して生きていくようなことも不可能ではなくなるだろう」と語りました。