ソフトバンク 通信障害は復旧と発表

ソフトバンク 通信障害は復旧と発表
k10011737531_201812062004_201812062016.mp4
携帯大手の「ソフトバンク」は、6日全国で広がった通話やデータ通信ができないなどの障害について、午後6時すぎに復旧したと発表しました。
ソフトバンクによりますと、ソフトバンクの携帯電話と第2ブランドの「ワイモバイル」で、6日午後1時半ごろから全国的に通話やデータ通信ができないなどの障害が発生しました。

また、ソフトバンクの回線を使ってサービスを提供している各社でも障害が起き、▽「LINEモバイル」
▽ケイ・オプティコムの「mineo」
▽ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する「nuroモバイル」
▽UーNEXTが運営する「Uーmobile」
▽日本通信の「b-mobile」
▽「エイチ・アイ・エス」の子会社の「H.I.S.モバイル」
▽ソフトバンクのグループ会社が運営する「ANAPhone」
▽スマートモバイルコミュニケーションズの「スマモバ」
▽岐阜県のケーブルテレビ局が運営する「Hitスマホ」
などにも影響が広がりました。

ソフトバンクの発表によりますと、障害は午後6時すぎに復旧したということで、復旧後に、通話やデータが集中してつながりにくくなる状態も解消されたとしています。

障害の原因についてソフトバンクは、全国にある複数の通信設備の不具合だということで、さらに詳しく調べています。ソフトバンクは「ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」としています。