外国人材法案 きょうの採決見送り 野党が委員長解任決議案

外国人材法案 きょうの採決見送り 野党が委員長解任決議案
外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、野党側は6日夕方、参議院法務委員会の公明党の横山委員長の解任決議案を提出しました。このため与党側が目指していた6日の採決は見送られました。
外国人材の受け入れを拡大するための法案は、参議院法務委員会で6日、安倍総理大臣も出席して審議が行われました。

夕方開かれた理事会で与党側は「審議は尽くされた」として、直ちに委員会を再開し採決を行いたいと重ねて提案したのに対し、野党側は「時期尚早だ」として反対しました。

そして立憲民主党や国民民主党などは「野党や国民の声を無視した強引な委員会運営は看過できない」として、法務委員会の公明党の横山委員長の解任決議案を提出しました。

このため委員会は再開されず、採決は見送られました。

一方、横山委員長は7日委員会を開くことを職権で決めました。
与党側は、7日参議院本会議で横山委員長の解任決議案を否決したうえで、委員会と本会議で法案を可決し、成立させたい考えです。

これに対し野党側は法案の成立を阻止するため、山下法務大臣に対する問責決議案の提出なども検討していて、与野党の攻防が激しくなっています。

自民 福岡氏「粛々と否決し採決を」

参議院法務委員会で与党側の筆頭理事を務める自民党の福岡資麿氏は記者団に対し、「衆議院を大幅に上回る審議時間を確保したほか、現場の視察や安倍総理大臣出席の質疑も行ったので、採決の機は熟した。横山委員長は丁寧な運営に努めていて、全く、かしはない。解任決議案は粛々と否決し、改めて法案の採決をお願いしたい」と述べました。

立民 有田氏「数の力で押し通すな」

参議院法務委員会の野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の有田芳生氏は記者団に対し、「議論すればするほど、多くの問題が出てくる。与党と委員長は、『議論はほぼ尽くされた』と言うが、冗談ではない。技能実習生の実態を見ても、今のままでは、日本が好きで来た人が、嫌いになって帰ってしまう。数の力で、このような法案を押し通してはいけない」と述べました。