イランで自爆テロか 少なくとも2人死亡 約30人けが

中東のイランで6日、警察署前で車両が爆発して少なくとも2人が死亡し、警察は自爆テロとみて捜査しています。
イランの国営テレビによりますと、6日午前11時ごろ、南東部の都市チャバハルの警察署前で車両が爆発しました。

警察によりますと、車両は警察署の敷地に入ろうとしたところを止められ直後に爆発したということで、これまでに少なくとも警察官2人が死亡したほか、市民らおよそ30人がけがをしたということです。

警察は自爆テロとみて捜査しています。

国営テレビが伝えた映像では、爆発があったとみられる場所から白い煙が上がっているのがわかります。

イランではことし9月にも南西部アフワズで軍事パレードの会場を狙ったテロ事件が起き、軍の精鋭部隊の兵士など25人が死亡しています。