「ダイヤ購入に名義貸して」500万円詐取容疑で5人逮捕 埼玉

「ダイヤ購入に名義貸して」500万円詐取容疑で5人逮捕 埼玉
「ダイヤを購入するのに名義を貸してほしい」と持ちかけたあと、「国税庁に名義貸しが発覚した」などとうそを言ってお年寄りの女性から500万円をだまし取ったとして、埼玉県内の男5人が逮捕されました。警察は、5人が拠点にしていたマンションの部屋からおよそ1600人分の名簿を押収し、被害の全容を調べています。
逮捕されたのは埼玉県川越市の職業不詳、太田真哉容疑者(33)ら県内の男5人です。

警察によりますと、5人は先月上旬、三重県に住む84歳の女性に、「ダイヤを購入するのに名義を貸してくれれば謝礼を出す」と電話で持ちかけたあと、「国税庁に名義貸しが発覚した。現金を用立ててほしい」などとうそを言って現金500万円をだまし取った疑いが持たれています。

また、ほかに2人の被害者から合わせておよそ2800万円をだまし取った疑いもあり、警察が捜査を進めています。

5人が拠点にしていた埼玉県内のマンションの部屋からは、およそ1600人分の名簿やパソコンなどが押収され、警察は、名簿を使って繰り返し詐欺の電話をかけていたと見て被害の全容を調べています。