金属棒で学生殴る 大学の助教 懲戒解雇 北九州

金属棒で学生殴る 大学の助教 懲戒解雇 北九州
北九州市の九州工業大学の助教が指導していた男子学生を金属の棒などで繰り返し殴り、頭を縫うけがを負わせたことがわかり、大学は5日付けでこの助教を懲戒解雇の処分にしました。
懲戒解雇になったのは、九州工業大学大学院工学研究院の30代の男性の助教です。

大学によりますと、助教はことし3月から6月ごろにかけて指導していた男子学生の顔を手で殴ったり、金属の棒で腕を殴ったりする暴力を繰り返していました。

さらに、ことし8月には、学生の頭を金属の棒で殴り2針縫うけがを負わせたうえ、病院に連れて行った際、「上から物が落ちてきてけがをしたといいなさい」とうその説明をさせたということです。

学生の保護者が大学に連絡して発覚したということで、大学の調査に対し、助教は、学生が実験で失敗したとして腹を立てて暴力をふるったと説明し、「大変申し訳ないことをしてしまった」と話しているということです。

大学は事態を重く受け止め、5日付けで助教を懲戒解雇の処分にしました。

九州工業大学の尾家祐二学長は「被害を受けた学生などに深くおわびします。教育の現場であるまじき行為と重く受け止め再発防止に全力で取り組みたい」と話しています。