在日米軍の2機 高知県沖で接触し墜落 2人救助 5人不明

在日米軍の2機 高知県沖で接触し墜落 2人救助 5人不明
6日未明、高知県沖の太平洋上で、アメリカ軍岩国基地に所属する戦闘攻撃機と空中給油機が訓練中に接触し、海上に墜落しました。2機に乗っていた7人のうち、新たに1人が見つかり、これまでに2人が救助されましたが、残る5人の行方はわかっておらず、捜索が続けられています。
防衛省によりますと、6日午前1時40分ごろ、山口県岩国市にあるアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が高知県の室戸岬の南、およそ100キロの上空で接触し海上に墜落したということです。

FA18には2人、KC130には5人の合わせて7人が乗っていましたが、このうちFA18に乗っていた1人が午前5時40分ごろ現場付近の海域で救助されたのに続き、午後0時15分ごろには新たに見つかった1人が救助されたということです。

最初に見つかった1人は意識があるということですが、もう1人の詳しい容体などはわかっていません。

また、残る5人の行方はわかっておらず、アメリカ軍や自衛隊、海上保安庁が航空機や船を出して捜索を続けています。2機は訓練中だったということで、防衛省は当時の詳しい状況についてアメリカ軍に問い合わせて確認を急いでいます。

最近の米軍機の事故

日本の周辺ではこのところ、在日アメリカ軍の航空機の事故が相次いでいます。

先月には山口県にあるアメリカ軍岩国基地に配備されているFA18戦闘攻撃機が沖縄本島の沖合での訓練中にエンジントラブルにより墜落したほか、ことし6月には沖縄のアメリカ軍嘉手納基地のF15戦闘機が那覇市の沖合の海上に墜落しました。

また、おととし12月には、沖縄の普天間基地に所属する輸送機オスプレイが空中給油機のホースと接触し、その後、沖縄県名護市沖の浅瀬で大破したほか、同じおととし12月に、岩国基地のFA18戦闘攻撃機1機が高知県の沖合で墜落し、パイロット1人が死亡しています。

岩国市民「事故が続いて不安」

岩国市に住む60代の女性は「これが市内で起きたらと思うとおそろしいです。安全性や運用を厳しくしてほしい。日本の安全を守るために基地があるという名目なのに、これで市民の生活や命が危なくなっては本末転倒だと思います」と話していました。

別の60代の女性は「またかと思うと同時に、乗っていた人たちの安否を心配しました。基地があるおかげで岩国市が成り立っていることもあるので、やむをえない部分もあると思います」と話していました。

岩国市の60代の男性は「事故が続いて不安になります。もっとしっかり点検してほしいです」と話していました

岩国市長「見過ごすことできない」

岩国市の福田良彦市長は報道陣の取材に応じ、「アメリカ軍の航空機の相次ぐ事故により市民の間にも不安や懸念が増大していて、見過ごすことはできない事案だ」と述べました。

そのうえで、「基地の司令官から連絡があり、事故の原因が明かになるまで運用を見合わせるべきだと、市長として一歩踏み込んだ考えを話した。救助された乗組員から事故の状況を聞くとのことだったので、時間がたてば状況は明らかになってくると思う。市としてしかるべき対応を考えていきたい」と話していました。