在日米軍の2機 高知県沖で接触し墜落 捜索続く

在日米軍の2機 高知県沖で接触し墜落 捜索続く
k10011736491_201812061208_201812061209.mp4
6日未明、高知県沖の太平洋上でアメリカ軍岩国基地に所属する戦闘攻撃機と空中給油機が訓練中に接触し海上に墜落しました。2機には合わせて7人が乗っていて、1人が救助されましたが、残り6人の行方はわかっておらず、アメリカ軍や自衛隊などが捜索を続けています。
防衛省によりますと、6日午前1時40分ごろ、山口県岩国市にあるアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が、高知県の室戸岬の南およそ100キロの上空で接触し、海上に墜落したということです。

FA18には2人、KC130には5人が乗っていて、このうちFA18に乗っていた1人が午前5時40分ごろ海上自衛隊のヘリコプターで救助され、岩国基地に搬送されました。

意識はあるということです。

ほかの6人の行方はわかっておらず、現場付近の海域で救命イカダのようなものが見つかったものの、誰も乗っていなかったということです。

アメリカ軍や自衛隊、海上保安庁が航空機や船を出して捜索を続けています。

2機は訓練中だったということですが、詳しい内容はわかっておらず、防衛省はアメリカ軍に問い合わせて確認を急いでいます。

また、外務省の鈴木北米局長は、在日アメリカ軍のマルティネス司令官に対し遺憾の意を伝えるとともに、原因究明と再発防止の徹底、それに日本側への速やかな情報提供を行うよう申し入れました。

米海兵隊「1人救助 6人不明」

事故についてアメリカ海兵隊は声明を発表し、FA18戦闘攻撃機と、KC130空中給油機の乗組員合わせて7人のうち、これまでに1人が救助され、アメリカ軍岩国基地の医療施設に搬送されたとしています。

また、海上自衛隊などとともに残る6人の捜索活動を続けているとしています。
一方、事故当時の状況については、現在、調査中だとして明らかにしていません。

最近のアメリカ軍機の事故

日本の周辺ではこのところ、在日アメリカ軍の航空機の事故が相次いでいます。

先月には山口県にあるアメリカ軍岩国基地に配備されているFA18戦闘攻撃機が沖縄本島の沖合での訓練中にエンジントラブルにより墜落したほか、ことし6月には沖縄のアメリカ軍嘉手納基地のF15戦闘機が那覇市の沖合の海上に墜落しました。

また、おととし12月には、沖縄の普天間基地に所属する輸送機オスプレイが空中給油機のホースと接触し、その後、沖縄県名護市沖の浅瀬で大破したほか、同じおととし12月に、岩国基地のFA18戦闘攻撃機1機が高知県の沖合で墜落し、パイロット1人が死亡しています。

海域で船舶巻き込まれたと情報なし

神戸市にある第5管区海上保安本部によりますと、これまでに船舶などが巻き込まれたという情報は入っていないということです。

第5管区海上保安本部は、救助活動にあたるため、高知と徳島、和歌山、それに神戸の海上保安部から巡視船6隻を派遣したほか、関西空港の基地から航空機1機を出したということです。また、第3管区海上保安本部の特殊救難隊の隊員5人が羽田空港の基地から航空機で現場の海域に向かっているということです。

山口県と岩国市が状況を確認

山口県の岩国基地対策室によりますと、6日午前7時前、中国四国防衛局から、アメリカ軍岩国基地に所属する航空機2機が6日未明に四国沖の上空で接触し、2機とも着水したという連絡があったということです。県は、防衛局に詳しい状況を確認しています。

また山口県岩国市の基地政策課によりますと、6日午前6時半ごろ、防衛省中国四国防衛局から、アメリカ軍岩国基地に所属する航空機2機が6日未明に四国沖の上空で接触し、2機とも着水したという連絡があったということです。市によりますと、航空機2機には合わせて7人が搭乗していたということで、防衛局に詳しい状況を確認しています。

岩国市には、今月1日、アメリカ軍から1週間程度、通常の運用時間外にあたる午後11時から午前6時半までの時間帯に滑走路を使用する可能性があるとの連絡が入っていました。