サーローさんが自民 岸田政調会長と会談 核廃絶の取り組み要請

サーローさんが自民 岸田政調会長と会談 核廃絶の取り組み要請
去年のノーベル平和賞の授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さんが、自民党の岸田政務調査会長と会談し、広島出身の政治家として核廃絶に積極的に取り組むよう要請しました。
ノーベル平和賞を受賞した国際NGOのICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンとともに活動し、去年の授賞式でスピーチしたカナダ在住の被爆者、サーロー節子さんは、先月から日本を訪れていて、5日、自民党本部で岸田政務調査会長と会談しました。

この中で、サーローさんは「岸田氏は広島出身なので、核廃絶へのメッセージを伝える努力をしてもらいたい。国会議員と市民との間で核廃絶に向けた対話を積極的に行ってほしい」と要請しました。

これに対し、岸田氏は、サーローさんの活動を評価する考えを伝えたうえで、「核兵器のない世界を目指すという理想は、日本政府も同じだ。その理想の実現に向けて具体的な結果につなげていきたい」と応じました。