自民 武井衆院議員の政党支部 補助金交付の企業などから献金

自民 武井衆院議員の政党支部 補助金交付の企業などから献金
自民党の武井俊輔衆議院議員が代表を務める政党支部が、国の補助金が支給された会社や医療法人から、合わせて40万円の献金を受けていたとして、去年返金していたことが分かりました。
政治資金収支報告書によりますと、武井氏が代表を務める「自民党宮崎県第一選挙区支部」は、おととしと去年、札幌市の介護事業者、福岡市の建設会社、それに福岡県大野城市の医療法人から、合わせて40万円の献金を受け取っていました。

政治資金規正法では、国から補助金を受ける企業が交付決定の通知から1年以内に政治献金をすることを原則として禁止していますが、この3つの会社や医療法人は、おととし1月に国の補助金の支給が決まっていたということです。

このため支部は、去年1月までに受けた献金を自主的に返金し去年の収支報告書に記載しました。

武井氏の支部は「寄付を受ける際の補助金交付の確認を改めて徹底していきたい」と話しています。