2年総額で4億円に 盗塁王の日本ハム 西川が契約更改

2年総額で4億円に 盗塁王の日本ハム 西川が契約更改
プロ野球、パ・リーグで2年連続の盗塁王とゴールデン・グラブ賞を獲得した日本ハムの西川遥輝選手が、推定年俸2年総額4億円プラス出来高払いで契約を更改しました。
プロ8年目で26歳の西川選手は、今シーズン140試合に出場し、44個の盗塁を決めて2年連続で盗塁王のタイトルを獲得しました。

また、打率2割7分8厘、自己最多のホームラン10本の成績を残しました。

さらに、外野手として守備の優れた選手に贈られる「ゴールデングラブ賞」も2年連続で受賞しました。

西川選手は札幌市豊平区の球団事務所で契約更改に臨み、推定年俸2年総額4億円プラス出来高払いで来シーズンからの契約を結びました。

複数年契約を初めて結んだ西川選手は「年俸に見合った実力を出さないといけない。盗塁王は狙って取れたので、来年も再来年も取りたいが、チームが勝つために数を増やすほうがいいのか、さらに成功率を上げるほうがいいのか考えてやっていきたい」と話していました。

そして「打率は3割を打ちたいし、常に自己最高の成績を目指していきたい。そして北海道をファンとともに盛り上げて、来年はリーグ優勝したい」と意気込んでいました。