辺野古埋め立て中止求める裁判 2審も県の訴え退ける

辺野古埋め立て中止求める裁判 2審も県の訴え退ける
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向けた埋め立て工事をめぐって、沖縄県が一部の工事の中止などを求めた裁判で、福岡高等裁判所那覇支部は、1審に続いて訴えを退けました。
普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐって沖縄県は、去年、国が県の許可を得ずに岩礁を壊すのは違法だとして、予定されている一部の工事の中止などを求める訴えを起こしました。

1審は、行政機関が公益を守るために裁判に訴えることはできないとした最高裁判所の判例を基に訴えを退け、県が控訴していました。

5日の2審の判決で福岡高等裁判所那覇支部の大久保正道裁判長は「沖縄県の訴えは、国に行政上の義務の履行を求めるという公益の保護を目的としている」と指摘しました。

そのうえで「法律上の争いとして裁判の対象にはならない」として、1審に続いて訴えを退けました。