スポーツ界の不祥事防止 国関与の仕組み作り急ぐ

スポーツ界の不祥事防止 国関与の仕組み作り急ぐ
スポーツ庁の鈴木長官は、スポーツ界の不祥事を防ぐため、国が一定程度関与する仕組みを盛り込んだ議員連盟の提言を受け取り、「非常に重く受け止め、ガバナンスの確保に努めたい」と述べ、国が関与する仕組み作りを急ぐ考えを示しました。
相次ぐスポーツ界の不祥事を受けて、超党派のスポーツ議員連盟は、競技団体の適正なガバナンスを確保するため、国が一定程度関与する仕組みとしてスポーツ庁が競技団体が守るべき規範を作ったうえで、JOCなどの統括団体なども参加する会議を新設し改善を要求できることなどを柱とした提言をまとめました。

5日はスポーツ庁の鈴木長官が議員連盟から提言を受け取り、「統括団体からも意見を集約してもらい、非常に重く受け止めている。しっかりとした規範を作り、ガバナンスの確保に努めたい」と述べ、国が関与する仕組み作りを急ぐ考えを示しました。

スポーツ庁は提言を受けて、今月中に国としての対策をまとめたうえで、競技団体が守るべき具体的な規範作りを進めることにしています。