自民 山本一太氏 群馬県知事選に立候補を表明

自民 山本一太氏 群馬県知事選に立候補を表明
来年7月に任期満了を迎える群馬県知事選挙について、自民党の山本一太参議院政策審議会長は、国会内で記者団に対し「群馬県の魅力度や知名度を高めたい」と述べ、立候補する意向を明らかにしました。
この中で自民党の山本一太参議院政策審議会長は、来年7月に任期満了を迎える群馬県知事選挙について「何年も前から『地元に戻ってきてほしい』という声があり、自分にしかできないことがあると思って決断した。群馬県の魅力度や知名度を高め、発信力や存在感を大きく引き上げたい」と述べ、立候補する意向を明らかにしました。

山本氏は、参議院群馬選挙区選出の当選4回で60歳。
これまでに沖縄・北方担当大臣や外務副大臣などを歴任しています。

群馬県知事選挙をめぐっては、現職の大沢知事が来年2月中旬までに立候補するかどうか判断する考えを示しているほか、共産党や市民団体などでつくる組織が候補者の擁立を目指しています。