防衛省 “土砂積み込み作業 届け出必要ない”

防衛省 “土砂積み込み作業 届け出必要ない”
k10011735011_201812050510_201812050510.mp4
アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、防衛省は沖縄県が「土砂を船に積み込む作業は、条例上、届け出が必要だが、それがなく違法だ」と指摘したことを受け、作業を一時停止しました。ただ、防衛省は条例の解釈上、今回の積み込み作業に届け出は必要ないとしており、再開に向けて対応を急ぐことにしています。
アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、政府は来週14日にも名護市辺野古の埋め立て予定地に土砂の投入を開始する方針で、沖縄防衛局は、3日、土砂を船に積み込む作業を名護市安和にある民間の桟橋で始めました。

しかし4日、移設に反対する沖縄県が「土砂を桟橋近くの仮置き場に集め、船に積み込む作業は、条例上、届け出が必要だが、それがなく違法だ」と指摘したことから、防衛省は作業を一時停止しました。

沖縄県は、必要な届け出を行うよう指導し、内容が適正かどうか県が判断するまでは作業を行わないよう求めています。

これに対し防衛省は、届け出が必要なのは、その土地で掘削などの事業を行う場合であって、土砂を仮置きしただけでは、届け出は必要ないとしています。

そして、こうした解釈をもとに工事を再開するか、あるいは沖縄県の解釈によっても届け出なくていいよう、土砂の積み込み方法を変更するかなどの方法を検討し、対応を急ぐことにしています。

ただ、防衛省内からは、条例の解釈に関わるだけに事態の早期収拾は難しいとして、予定していた来週14日の土砂投入は難しいとの見方も出ています。