NHK杯フィギュア 優勝の紀平梨花「満足せず完璧目指す」

NHK杯フィギュア 優勝の紀平梨花「満足せず完璧目指す」
k10011706611_201811111225_201811111227.mp4
フィギュアスケートのNHK杯、女子シングルで優勝した16歳の紀平梨花選手が優勝から一夜明けた11日、取材に応じ、「今回の演技に満足せず完璧にやることを目指したい」と今後の大会を見据えました。
紀平選手は10日行われた女子シングル後半のフリーで2本のトリプルアクセルを成功させ、グランプリシリーズデビュー戦となるNHK杯で優勝を果たしました。

紀平選手は一夜明けた11日、広島市の大会会場で報道陣の取材に応じ、「応援してくれた人たちからのメッセージへの返信など、夜中までかかった」と笑顔で話した後、「練習でやってきたことを出すだけと集中できたことが成功の要因だと思う」と10日の演技を改めて振り返りました。

そのうえで、「今回の演技で満足せず、ショートプログラムとフリーの両方をミスなく完璧にやることを目指したい。どんな相手がきても自分に勝つことが大事だと思う」とグランプリファイナル出場がかかる次のフランス大会を見据えていました。

一方、男子シングルで優勝した宇野昌磨選手は「ショートプログラムでミスが出て、フリーでは期待に応えられるような演技をしようと思って臨んだ。フリーでもミスは出たが、演技をすることができた」と振り返りました。

そして、「練習でできていることが試合でできるとは限らないと痛感しているがそれが試合での魅力でもある。シーズン中に何回かはよかったと思える演技ができるようにしたい」と今後の大会を見据えていました。