「こうのとり」カプセル 太平洋に着水後回収 「計画は成功」

「こうのとり」カプセル 太平洋に着水後回収 「計画は成功」
k10011706541_201811111205_201811111206.mp4
国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る日本初の回収カプセルは、11日朝、宇宙輸送船「こうのとり」から切り離されて大気圏に突入し、午前7時すぎ太平洋上に着水しました。JAXA=宇宙航空研究開発機構は、カプセルを船で回収し、計画は成功したと発表しました。
地球に物資を持ち帰る日本初の回収カプセルは、無人の宇宙輸送船「こうのとり」7号機に搭載され、今月8日、高度400キロの軌道を回る国際宇宙ステーションを離れました。

「こうのとり」はエンジンを噴射しながら徐々に高度を下げて地球に近づき、11日午前6時24分に、回収カプセルを切り離しました。

そして、回収カプセルと「こうのとり」は11日午前6時40分ごろ日本の北陸地方の上空で大気圏に突入しました。

「こうのとり」は宇宙ステーションで積み込んだゴミとともに、大気圏で燃え尽きましたが、回収カプセルは日本の上空を横切り、午前7時すぎに目標としていた小笠原諸島の南鳥島の近海に着水しました。

その後、JAXAは午前10時25分に海上に浮いていたカプセルを船に引き上げ回収を完了したと発表しました。

回収カプセルはおよそ2000度にもなる大気圏突入時の高温に耐え、内部の温度を低く保つ設計となっていて、今回は宇宙ステーションの実験で結晶化させた医療研究用のたんぱく質などが入っていて、今後、中身を取り出して状態に問題がないかどうか検証が行われます。

JAXAの植松洋彦HTV技術センター長は会見の中で「こうのとりの打ち上げが何度も延期されるなどしたが最後は成功して大変にうれしい。カプセルの地球への帰還は手前みそだが100点満点だった」と述べ計画は成功したとの認識を示しました。

国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る回収カプセルの技術は、現在、アメリカとロシアしかもっておらず、将来の有人探査にも応用できることから計画の成否が注目されていました。

回収カプセルとは

回収カプセルは、JAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発したもので、円すいに近い形をしていて、底面の直径は84センチ高さはおよそ66センチあります。

新たに開発した「スラスター」と呼ばれるガスの噴射装置で大気圏に突入する角度を変えることができ、大気圏での表面温度の上昇を、およそ2000度までに抑えることができます。

また、内側は大阪のメーカーの魔法瓶の技術を用いて断熱が施されています。

表面が高温になっても内部はおよそ4度に保てるように設計されていて、宇宙ステーションの科学実験で得られた、たんぱく質などのデリケートな物質を温度変化や衝撃などから守ることができます。

小笠原諸島の南鳥島の沖合で船に引き上げられたカプセルは、先に中身が取り出されて南鳥島から飛行機で輸送され、今月13日に茨城県にあるJAXA=宇宙航空研究開発機構の筑波宇宙センターに持ち込まれて状態の確認が行われます。

また、カプセル本体は船で運ばれ、今月下旬にJAXAの筑波宇宙センターに到着したあと、大気圏に突入したときの高温や激しい振動などで損傷や故障がないか詳しく調べることにしています。