日米野球 日本2連勝 柳田が2試合連続ホームラン

日米野球 日本2連勝 柳田が2試合連続ホームラン
野球の日本代表が大リーグ選抜チームと対戦する日米野球の第2戦が東京ドームで行われ、日本は4番のソフトバンク・柳田悠岐選手が2試合連続のホームランを含む4安打4打点と活躍して12対6で勝ち、2連勝としました。
日本は1回、第1戦で逆転サヨナラホームランを打ち、10日の第2戦で4番に入った柳田選手のタイムリーヒットで1点を先制しました。

4回には、西武の秋山翔吾選手のタイムリースリーベースなどで2点を加えたあと、柳田選手が2試合連続となるツーランホームランを打ち、突き放しました。

日本は、柳田選手が4安打4打点の活躍を見せるなど打線が力を発揮し、17本のヒットで12点を挙げました。

投手陣では先発した日本ハムの上沢直之投手が、落差のあるフォークボールを決め球に5回を1失点、7つの三振を奪う好投を見せ、12対6で勝ちました。

日本はこれで2連勝です。

日米野球の第3戦は11日も東京ドームで行われます。

稲葉監督「日本の流れになった」

日本代表の稲葉篤紀監督は17安打12得点の打線について「初回に先制点を取れたのが非常に大きかった。日本の流れになってくれたと思う。バッターがコンパクトにバッティングをしてくれた結果がこういう得点に結びついた」と振り返りました。

また、試合前のミーティングではいかにチャンスを逃さずに1点1点を大事に取っていくかについて話をしたということで、「選手たちがそれぞれに理解してくれて、打線のつながりに結びついたと思う。こういう野球をしていけばいいというのがわかってもらえればいいし、またあしたにつなげてもらいたい」と手応えを口にしていました。

柳田「自分のスイングできている」

4番に入って2試合連続となるホームランを含む4安打4打点と活躍したソフトバンクの柳田悠岐選手は、「打ちたい気持ちが強すぎると上体が突っ込んでしまうのでリラックスすることを心がけている。しっかり引きつけて自分のスイングができていて、たまたまいい結果につながっていると思う」と話していました。

秋山「たまたまいい日」

1番に入って3安打3打点と活躍した西武の秋山翔吾選手は、「速球に対応しようと思いながら変化球にうまく反応できた」と振り返りました。

また今回の日米野球では足の上げ方などを変えていることを明かし、「今の自分の打ち方は日本向け。こういう機会でないと試せないので、今までより動きを小さくして振りたいと思っている。きょうも強い球や動く球を打てたかというとそういうわけではない。たまたまいい日だったかなという感じです」と話していました。

上沢「しっかり持ち味出せた」

日本代表として初めて登板し、5回1失点と好投した日本ハムの24歳、上沢直之投手は、「大リーグのバッターは、外の厳しいコースでも手が届いてヒットにされてしまうので、シーズン中よりもインコースを多めにした。そしてカーブやフォークボールなど縦に落ちる球を有効に使うよう意識して投げた。すばらしいバッターたちを相手にしっかりと持ち味を出せたのは自信になる」と話していました。