カーリング パシフィックアジア 男子 コンサドーレ札幌が優勝

カーリング パシフィックアジア 男子 コンサドーレ札幌が優勝
韓国で開かれたカーリングのパシフィックアジア選手権は決勝が行われ、男子日本代表の北海道コンサドーレ札幌が、中国に勝って日本勢として2年ぶりに優勝しました。
韓国のカンヌンで開かれた大会で、コンサドーレは、予選で唯一敗れた中国と決勝で対戦しました。

コンサドーレは序盤、試合を有利に進めますが、3点リードで迎えた第5エンド、中国のスキップの選手の精度の高いショットで3点を奪われて同点に追いつかれました。

このあと両チーム、点を取り合い、同点の第8エンド、コンサドーレはスキップの松村雄太選手が円の中心にストーンを集めて中国にプレッシャーをかけ、不利な先攻ながら1点を奪いました。

最終第10エンドも不利な先攻でしたが、相手のミスを誘い、1点を追加しました。

コンサドーレは9対7で中国に勝って、この大会の日本勢として2年ぶりに優勝を果たしました。