マリナーズ退団の岩隈「いちばん必要とされる球団で」

マリナーズ退団の岩隈「いちばん必要とされる球団で」
大リーグ、マリナーズを退団した岩隈久志投手が10日、都内で行われたイベントに参加し、来シーズンの新たな所属先について「いちばん必要としてくれている球団でプレーしたい」と話しました。
岩隈投手はプロ野球、楽天で球団創設1年目から投手陣の柱として活躍するなど通算107勝を挙げ、2012年からはマリナーズに移籍して通算63勝をあげました。

しかし今シーズンは右肩の痛みで登板がなくマリナーズを退団し、来シーズンの所属先は決まっていないため、古巣の楽天など各球団と交渉を進めています。

岩隈投手は10日、都内で行われた自身が発起人となったいじめ防止活動のイベントに参加し、終了後、報道各社の取材に応じました。

岩隈投手は去就について「まだわからない。実際に各球団との話し合いが始まった。進めている段階」と話しました。

そのうえで9日、日米野球の視察のため来日している大リーグの複数の球団のスカウトに対して投球を披露したことを明かし「日米どちらの球団というこだわりはない。いちばん必要としてくれている球団でプレーして恩返ししたい。なるべく早めに決めたい」と話しました。