大相撲 幕下力士 飲酒運転で事故か 警察から事情聴かれる

大相撲 幕下力士 飲酒運転で事故か 警察から事情聴かれる
k10011705681_201811101214_201811101235.mp4
大相撲の大嶽部屋の幕下力士が酒を飲んで車を運転し、事故を起こした疑いで警察に事情を聴かれていることがわかりました。
日本相撲協会の発表によりますと大嶽部屋の幕下力士は、11日から九州場所が行われる福岡県内で9日未明、酒を飲んだ状態で1人で車を運転し事故を起こした疑いがあるということです。

この力士は、相撲協会の聞き取りに対して車を運転し事故を起こしたことについては、認めているということです。

相撲協会は、この事故でけがをした人はいなかったとしていて、福岡県警の東警察署が捜査中だとして詳しい状況などについては明らかにしていません。

今後、警察では酒を飲んで車を運転したなどの疑いで任意で捜査を進める方針です。

師匠の大嶽親方は「ファンを落胆させることはするなと言ってきたが、本当に申し訳ない気持ちだ」と話しています。

相撲協会では、現役力士の運転を規程で禁止していますが、同じ大嶽部屋だった元幕内の大砂嵐がことし1月、無免許で車を運転していたとしてその後、道路交通法違反の罪で略式起訴され、相撲協会から引退勧告処分を受けて引退しています。

相撲協会の広報部長を務める芝田山親方は「研修などを徹底している中で非常に残念だ。警察の捜査を待っていち早く対処したい」と話しています。