不祥事の再発防止へ スポーツ庁にルール策定求める提言

不祥事の再発防止へ スポーツ庁にルール策定求める提言
スポーツ界の不祥事の再発を防ぐため、議員連盟が設けた有識者会議は9日、競技団体の運営などに関するルールの策定をスポーツ庁に求めることを柱とした提言をまとめました。
スポーツ界で相次いだ不祥事の再発防止策を検討するため、超党派のスポーツ議員連盟が、ことし9月に設けた有識者会議は9日、7回目の会合を開き、提言をまとめました。

提言では競技団体の健全性を高める必要があるとして、団体の運営などに関するルール「スポーツガバナンス・コード」の策定をスポーツ庁に求めています。

一方、ルールを守っているかをどこが審査するかについては、公的機関のJSC=日本スポーツ振興センターとする案と、JOC=日本オリンピック委員会や、日本スポーツ協会などが行う案が併記されています。

有識者会議の座長で、弁護士の境田正樹氏は「実効的な仕組みにするにはハードルが高いが、まずはそれぞれの団体でどこまでできるのかを議論してほしい」と述べました。

議員連盟ではこの提言を踏まえ、具体的な再発防止策を検討することにしています。