円相場 小幅に値下がり

円相場 小幅に値下がり
9日の東京外国為替市場、円相場は、ドルに対して小幅に値下がりしました。
午後5時時点の円相場は8日と比べて15銭、円安ドル高の1ドル=113円84銭から86銭でした。

一方、ユーロに対しては8日と比べて95銭、円高ユーロ安の1ユーロ=129円6銭から10銭でした。

ユーロはドルに対しては、1ユーロ=1.1337から38ドルでした。

市場関係者は、「来月、アメリカで追加の利上げが行われるとの見方が強まったことで午前中、ドルを買う動きが広がり、およそ1か月ぶりに一時、1ドル=114円台まで円安ドル高が進んだ。ただ、東京株式市場で株価が下落したことなどからリスクを避けようと円を買い戻す動きも出て、結果的に小幅な値下がりとなった」と話しています。