日本ハム 宮西 FA権行使せず残留 中継ぎのプロ野球記録

日本ハム 宮西 FA権行使せず残留 中継ぎのプロ野球記録
通算ホールド数など中継ぎ投手のプロ野球記録を持つ日本ハムの宮西尚生投手が、FA=フリーエージェントの権利を行使せずチームに残留し、球団と新たに2年契約を結びました。
宮西投手は9日、札幌市豊平区の球団事務所で来シーズンの契約を更改し、海外も含めたフリーエージェントの権利を行使せず、残留することを表明しました。

宮西投手は「FAは、年齢的に最後のチャンスだと思い行使も考えたが、いつ、ひじが故障するかわからないなか、それを不安視せず評価していただいたことに球団の誠意を感じた」と話しました。

そして来シーズンに向けて「新球場ができる5年後まで投げ続けていられるよう、まずは今月5日に手術した左ひじの状態を戻したうえで、チームに貢献できるようなピッチングをしていきたい」と意気込みを話しました。

球団によりますと宮西投手とは、新たに2年契約を結んだということで、年俸については出来高払いを含めて推定で2年総額5億円とみられています。

宮西投手は今シーズン、いずれも中継ぎ投手のプロ野球記録となる通算294ホールドと、勝利数とホールド数を合わせた通算326ホールドポイントを達成していました。